前へ
次へ

賃貸マンションで気を付けて暮らす

賃貸マンションで暮らす場合には、いずれにしても豪邸などの戸建て住宅と違って気を付けなければならない点がいくらかあります。一番気を付けないとならない最大のポイントは騒音問題です。というのはほとんどの建物は隣の住人との間に壁で隔てられているだけであって、その間に空間が存在しません。壁の中には吸音材などを入れている場合もあるでしょうが、それにも限界があるので、戸建住宅ほどには至りません。なので賃貸マンションで暮らす場合に、これからの不動産屋さんで提供するべきアイテムの1つは両栓のイヤホンが対策の1つであるといえます。これをテレビやラジオやステレオなどの音響機器に接続させることで、少しでも騒音を減らせる対策を推奨する必要があるといえます。次に賃貸マンションで特に女性が暮らす部屋に気を付けることは盗撮対策ともいえます。というのは玄関ドアの外部からドアスコープ介して覘く器具などで盗撮されている映像がいくらか散見されます。なのでこれからの物件では玄関ドアの内部のドアスコープや郵便受けなどに外部から盗撮されないようにするためのフタをかぶせるアイテムの装着が推奨されます。もちろんベランダから盗撮されないようにするために、雨戸などを夜間閉められるようにするなどの対策も必要となります。実際に新築物件でまだ入居者がいない段階の建物ではそのようにシャッター式で閉めることのできる建物も存在しています。

Page Top